神谷デンタルクリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-神谷デンタルクリニック

虫歯の話

虫歯の話

皆さんは、虫歯についてどの程度ご存知でしょうか?
しっかりと歯磨きをしないと虫歯になるなどはよく知られていると思います。
ですが虫歯を予防するにはどういった歯磨きが必要なのか、虫歯の症状や原理についてあまり知られていないと思います。

当歯科では、患者様に虫歯についてより知っていただき、よりよい虫歯予防に繋げてほしいと考えています。

そもそも虫歯とは

虫歯とは、虫歯菌(ミュータンス菌 等)と呼ばれる細菌によって歯が溶かされた状態を指します。
虫歯菌は、歯に付着した食べカスや糖分を食べて酸を出します。この酸が歯を溶かしてしまいます。そしてこの虫歯菌を放っておくと、歯に食べかすなどがべったりとくっつくようになり、歯磨きしても取れなくなってしまいます。

虫歯は他の病気や怪我と異なり、原因を取り除いても自然に治ることはありません。
かけがえのない歯を守るためにも、虫歯にならない・虫歯を悪化させないように日々のブラッシングや虫歯予防を行うようにしましょう。

虫歯治療について

当歯科では、ひとり一人の患者様の症状とご希望に合わせた治療計画を作成し虫歯の治療、再発の予防を目指します。

患者様のために

「可能な限り歯を削らず、出来るだけ神経を取らず歯の寿命を長くすること」を重要視した治療法、MI治療(ミニマムインターベーション:最小限の侵略)を行っています。


虫歯治療は、虫歯になった部分を削り、詰め物をするのが一般的な治療法です。
従来の虫歯治療ですと、この詰め物が外れないようにするために虫歯以外の健康な歯質も削ってしまうこともありました。
MI治療では、基本的に虫歯の部分だけを削り、空いた穴部分を接着性レジンという素材で埋めます。そのため、余分に健康な歯質を削ることもほとんどありません。
一度削った歯が戻ってくることがない以上、歯はできる限り削らないことにこしたことはないといった考え方にて治療を行っております。

虫歯の進行度合いによりMI治療ができない場合がございます。

当歯科では、レーザー治療機を導入しております。

レーザー光による治療は殺菌・消毒・止血・鎮痛・消炎等の効果があり痛みの少ない虫歯治療や口内炎の消炎治療、消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和などを行うことが可能です。
また、レーザー治療は人体に対する安全性も高いため妊娠中の方やペースメーカーをご使用されている方でも安心して治療を受けることが可能です。


虫歯の進行について

虫歯の自覚症状があるとしたら、思った以上に虫歯が進行している証拠かもしれません。
虫歯の進行はいくつかの段階に分かれています。

虫歯は、進行レベルによってC0~C4という、5つの段階に分けられ、軽度の虫歯であれば比較的簡単に治療することが出来ますが、重度の虫歯になってしまいますと、全身の健康に危険が及ぶ場合もあります。また、一度失った歯は自然治癒することはありませんので、定期的な歯科健診を行い早期段階にて治療することが大切です。

 虫歯の初期「C0」

健康な歯の状態

穴が開く前の、もっとも初期の虫歯です。
虫歯は、歯の表面の最も硬いエナメル質ではなく、内部の象牙質から溶かしていきます。
穴が開く前の、この状態で虫歯が発見できれば、歯を削ることなく治療を終える事が出来ます。


 虫歯の初期「C1」

虫歯の初期

歯の一番表層にあるエナメル質に穴が開き、茶色や黒色に変色します。
この段階では、まだ痛みがないので虫歯に気が付かない場合があります。
この段階の虫歯治療は、虫歯になった部分を削り、詰め物を詰めるだけの簡単なもので済み、痛みもほとんどありません。


 虫歯の中期「C2」

虫歯の中期

エナメル質の下にある象牙質に虫歯が進行してしまった状態です。
この段階になると、冷たいものや甘いものが歯にしみるようになってきます。
治療はC1と同じように虫歯部分を削って詰め物をするのですが、虫歯によって削った歯質が多い場合は、全体を覆うかぶせ物をすることもあります。


 虫歯の後期「C3」

虫歯の後期

象牙質の奥にある歯の神経にまで虫歯が達してしまった状態です。 虫歯が神経にまで進行すると、歯髄に炎症が起こり、温かいものがしみたり、激しい自発痛や咬合痛を感じるようになります。
この段階になると、歯の神経、歯の根の治療が必要になり、虫歯に侵された部分と神経を取り除き、お薬をつめる治療が必要になります。


 虫歯の末期「C4」

虫歯の末期

虫歯がかなり進行して歯冠部をほとんど溶かし、歯質が少ししか残っていない状態です。

歯髄が完全に死んでしまっているため、C3のような歯髄の炎症による痛みは感じなくなりますが、放置するとどんどん悪化していきます。
この段階になりますと、治療が非常に困難で、抜歯しなければならなくなることも少なくありません。


神谷デンタルクリニック医院概要

本院ロゴ 神谷デンタルクリニック

〒210-0835
神奈川県川崎市川崎区追分町6-11

[電話番号]  044-344-5050

[診療科目]
一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科

[アクセス]
JR川崎駅よりバス「川22」または「川23]にご乗車頂き「大島三丁目」にてお降り下さい。
JR南武線・鶴見線「浜川崎駅」からは徒歩15分ほどとなります。


古賀歯科医院医院概要

分院ロゴ古賀歯科医院

〒210-0806
神奈川県川崎市川崎区中島1-12-3

[電話番号]  044-233-8977

[診療科目]
一般歯科・歯科口腔外科・小児歯科

[駐車場]
専用駐車場2台分有

[アクセス]
鈴木町駅出口から徒歩約9分
港町駅出口から徒歩約10分
川崎大師駅出口から徒歩約15分
川崎市バスの停留所「中島交番前」すぐ

▼2018年5月1日からの診療時間